プロフィール

Ryou

Author:Ryou
40代に突入してしまったオヤジアクアリストです。オスカー、ポリプ、キャットが好きかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャットのエサ釣り

 盆休みに嫁の実家に行ってきた。
近くには、たくさん川がある。炎天下の猛暑ではあったが、釣りに行くことにした。
子供たちは、とーぜんついてこない。

 今回は釣りが目的ではなく、キャット達のエサの確保が目的である。
子赤や姉金では、小さすぎて、キャット達が食べる前に、オスカー達が食ってしまう。
従って、オスカー達が食べれないサイズのフナ君が今回のターゲット。

 午前10時、猛暑との戦いが始まった。
当然、ルアー釣りではなく、エサをつけた1本釣りだ。
練り餌をこしらえ、始めること1時間、まったくあたりがない。
ジリジリ日差しは照り続ける。喉がかわく。なんで釣りなんかしてるんだろう?
と心の中で自問自答。

 タナを変えつつ撒き餌をしていたらあたりがでてきた。
するとウキが沈んだ。ヨシ!引き上げた。
ウォーかわいいフナ君があがってきたー。
それからは順調、どんどん釣れる。キャット君しか食えないだろうサイズのフナ達。
ニマニマしながら釣り続けた。フナ達は、バケツに入れ、はねないようレジャーシートでフタをした。
元気にシートにジャンプしていた。

 10匹ほど釣り上げ、エサも底がついてきたころ、暑さも限界で、
帰ることにした。そして道具を片付け、喜び帰ろうとした時、悪夢が訪れた。
レジャーシートをめくると、なーーーとフナ達がほとんど浮いて、☆になっているではないか。
滅茶苦茶ショックでした。
この猛暑の中の苦労はなんだったろうか?

後で考えてみれば、当然といえば当然、炎天下の中、小さいバケツの中で酸欠になるにきまっている。アクアリストであるにもかかわらず。バカであった。堰堤でビクが使えなかったのよねー。
バケツの中のフナ達は、元気に跳ねていたのではなく、苦しくて跳ねていたことに気づかずに。。。

 今度は、近所の池でリベンジだー。
また、近日中に報告しよう。
 
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。