プロフィール

Ryou

Author:Ryou
40代に突入してしまったオヤジアクアリストです。オスカー、ポリプ、キャットが好きかな?

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エサ釣り 第2弾

1ヶ月経つのは早いものだ。
スポンサーサイトが教えてくれる。

まっそれは良いとして、また熱帯魚たちのエサを確保するべく池へと向かった。
その池を見渡すと、バス釣りしている人が多い。初めて来た池だ。

ということもあって、水面をみるとやはり、ギルがいっぱいいる。いやな予感。
こういう池は、エサ釣りをしても、ギルしか釣れないことが多い。

そう思いながらもエサ釣りを子供たちと始めた。
するとやはりギルが釣れた。
そのうちギルまであまり釣れなくなった。

よこでお父さんと子供一人ルアー釣りをしていた。
その子供は、ポンポン釣っていた。もちろんギル。

あんまり簡単に釣るので、こっちもルアーに切り替えた。
釣れることはつれるが、その少年のように釣れない。
ここは恥をしのんで、聞いてみた。

「よーく釣れますねー。何で釣ってますか?」

すると

「拾ったワームの切れ端をつけているだけです。」

へーそうーーーー。ビックリ!

早速、まねしてやってみた。
すると、入れ食いだった。釣れる。釣れる。
そうしているうちに日が沈んできたので、帰ることに。

結局、熱帯魚のエサは確保できず、今回も終了。
残念。今度は違う池だ!

スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

琵琶湖バス釣り

 琵琶湖に行って来ました。最近子供が興味を持ち始めた釣りが目的。
釣りバカ日誌の浜ちゃんに影響されてか、「釣りがしたーい。海がいい。」と言われても。。海は高く尽くし、面倒だ。といことで、手っ取り早いバス釣り。道具もシンプル、どこへ行ってもブラックバスは居る。琵琶湖に行けば、GOODポイントがたくさんある。よーし3連休だし、ドライブかねて琵琶湖に行こう!

 そして琵琶湖に向かった。南へいくか北を目指すか?自分がよく知っている北に決めた湖北だ。有名ポイントもたくさんある。高速をひた走り木之本インターで降り、大浦へ向かった。

 さぁー釣るぞーと思いタックルを準備したが、すごーい風!強すぎる。これでは、子供はルアー飛ばない。困ったー。とにかく、風裏になるところを探した。とりあえず釣りを開始。全然当たりがない。この時期、タイミングが良いと爆釣するのだが。風が強く水面がよく見えない。稚鮎の群れも見られない。いやーな予感。周りでも全然釣れてない。

 そして転々と場所を変えるが、ノーフィッシュ!うそー。父ちゃんの面目丸つぶれ!

 でも、大きな湖を眺めて、釣りをして、自然を満喫できた楽しい一日でした。

 ただ、一つ思ったことは、バスは指定外来魚で、琵琶湖では、キャッチ&リリースのリリースが禁止になったようで、釣っても、離してはいけない、持ち帰って飼ってもいけない。

 じゃーどうするの?近辺に収集用のイケスがあるという噂も聞いたが、そんなもの全然見当たらない!
釣った魚をその辺りに捨てろというのか。子供の目の前で、そんなことはできない。教育上、道徳上、良いことではない。生きた魚をそのまま放置?自然環境上も良くない。

 非常に疑問に思う。何かもっと良い方策はなかったものか?
と思いめぐらす1日でもあった。

 


テーマ : 大自然の日記 - ジャンル : 日記

バス釣り

 先週は、久々にバス釣りに行ってきた。子供もそろそろ釣りに興味を示すようになり「お父さん、釣りに行こう!」いやーうれしいねー。こういう時期も短いだろうから、当然「よし!行こう!」ということになった。

 急に決めたので、近場の野池にいくことにした。意外にも、一度も行ったことのない池だ。到着すると、ものすごい人でどうやら人気があるようである。人がたくさんいるということは、当然、釣れる!ということに他ならない。有名な池なのに人がいなければ、釣れにくいということである。

 早速、安全な浅瀬を選びタックルをセットした。子供がいる場合は、釣れることも大事であるが、何より足場が良好で安全第一である。バスがすぐ近くで小魚を追っている。気配良好!いるぞー!
そうこうしているうちに上の子が騒いでいる「来たーー来たーー」振り向いて見ると、なんと釣れているではないか。バスだー。25cm程度であったが、子供には十分すぎるほど引きがある。その後、またもや上の子にビッグな当たりがあったが、痛恨のブレイク!残念。。。
子供は残念がっていたが、釣れれば上出来。

 私は当然釣ったというわけでなく、下の子の世話で終わったのでした。周りでは若いバサー達も釣っていた。釣りには最高の池でした。


kingyo2007_09_02.jpg

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 日記

ブルーギル

久しぶりのブログ更新。
今日は、子供と一緒に近くの池に釣りに行ってきた。
バス釣りとヘラ釣り用の道具を持っていった。
ルアーを投げようと思ったが、簡単には釣れないし、場所も狭いので、
練り餌でトライすることにした。水の配分が悪くふんばりがなく
すぐバラけてしまうので、全然釣れなかった。
そこでミミズの登場。このミミズはポリプテルスの餌用にストックしてあったものだが、長持ちするものでもないので持ってきた。

 そしてミミズをつけてすぐあたりがあった。ヨシッ!釣れたー!
ブルーギルだー。1匹釣れたので、俄然子供が元気よくなった。
タッチ交代し、今度は子供の出番。
そして子供にもヒット!釣れたー!大喜び。
それから入れ食い状態。全部ブルーギル。この池には相当数のブルーギルがいるんだろうなーと思った。
今日は子供とエンジョイできてハッピーでした。

外来魚として、日本の淡水の生態系を壊すものとして、ブラックバスよりブルーギルの方が深刻な問題であると痛感しました。

でも釣れりゃーヨシッですね。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。